2016 起業工学国際シンポジウム


本シンポジウムのお申込み受付は終了いたしました。

2016 International Symposium on Entrepreneur Engineering
~ Innovation from Kyoto: Tradition to the Future ~

本シンポジウムでは、ノーベル物理学賞受賞者、日本を代表する大学教授、米国ベンチャーの創立者などが一堂に会し、イノベーションとは何か、アントレプレナーシップ(起業家精神)とは何かなど、「起業工学」をキーワードとして、日本復活の鍵について議論する。また、グローバルな理念や哲学とともに、日本古来のイノベーションのDNAにも焦点を合わせる。

プログラム

チラシ
 ポスター拡大(PDF) 
【日 時】 2016年3月28日(月)
【会 場】 京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス センターホール
 アクセス    キャンパスマップ
【参加費】 無料
【言 語】 日本語(一部逐次通訳あり)
【定 員】 600名(先着順)
※一般社団法人情報映像メディア学会(共催)より、先着400名様に書籍「日本復活の鍵~起業工学~」を無料配布いたします。
13:00~13:05 挨拶 京都工芸繊維大学 学長 古山正雄
  • 加納剛太氏写真
  • 中村修二氏写真
  • Carlos Paz de Araujo氏写真
  • 河田聡氏写真
  • 西本清一氏写真
  • 吉本昌広氏写真
13:05~13:15 開会の辞 「起業工学とは」
加納剛太氏 (京都工芸繊維大学客員教授、高知工科大学名誉教授)
13:15~13:55 特別講演 「ノーベル賞受賞に思う」
中村修二氏 (カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)
13:55~14:45 講演1 (遂次通訳付)
「イノベーションの哲学―30年のアントレプレナー教授を顧みて―」
Carlos Paz de Araujo氏 (コロラド大学コロラドスプリングス校教授)
14:45~15:25 講演2 「大学発起業が日本を救う」
河田聡氏 (大阪大学特別教授)
15:25~15:40 休 憩
15:40~16:20 講演3 「日本の起業文化の原点を考える」西本清一氏
(公益財団法人京都高度技術研究所理事長、地方独立行政法人京都市産業技術研究所理事長、京都大学名誉教授)
16:20~17:00 講演4 「京都からのイノベーション」
吉本昌広氏(京都工芸繊維大学教授・副学長)
17:00~17:10 閉会の辞 西本清一氏